秋保協便り  第73


 

                    発行人  秋田県保険鍼灸マッサージ協同組合

 

                          理 事 長   佐 藤 テ ル 

 

                          編集責任者   畠 山 金 美  

 

                 〒018-1725 秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1-2-13

 

                                       TEL 018-852-2773  FAX 018-852-2818

 

                                                    メールアドレス :   akihokyo@k5.dion.ne.jp

 

                     ホームページ https://akihokyok5.jimdo.com/

 

 

 

 

 

 

《 ご 挨 拶 》                  

 

理事長 佐藤テル

 

本年度第2回目の便りのお届けとなりました。

 

来年の今頃は、「東京オリンピック」で日本国全体が熱気に包まれていることは、想像に軽い。昨今の気候といったら「今日は高気圧が押しかけてきているので熱中症に注意。」「明日も高気圧が押しかけている、、、。」これが「高気圧」ではなく「好景気」ならどんなにか気分が違うことかしれません。なぜか、それが東京や関西をこえて、秋田県が高温多湿を頑張り続けているように思えてならないのです。暑さ苦手な私には、この気象条件には閉口してしまいます。

 

前置きが長くなりましたが、改めまして組合員の皆様方、暑中お見舞い申し上げます。

 

先般、秋田県後期高齢者医療広域連合に、受領委任の件についてご挨拶に伺う機会を与えていただきました。もはや後期高齢の受領委任への取り残しは、静岡と香川と秋田県だけになってしまっております。代理受領制度への参入も、他の都道府県からみて、随分後れを取ってのスタートを思うとき、これまた歴史からして致し方ないのかと、無意味な理屈を立てて自分を説得しながら、帰途に就く私でした。でも、時間がかかっても目指すものに迎えることは希望につながることで、じっと我慢の“ばあば”でいたいと存じます。

 

暑さ厳しき折、皆様方のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

 

 

 トピックス  

 

 

 

6月16日(日)東京都港区浜松町にあります

 

世界貿易センタービル38階におきまして、

 

日本保健鍼灸マッサージ柔整協同組合連合会通常総会が

 

開催され、当協同組合理事長の佐藤テル先生が

 

全国中央会会長から、長年にわたる業績をたたえ、

 

会長表彰を授与されております。

 

 

 

  トピックス 

 

6月11日(火)秋田市のホテルメトロポリタン秋田において秋田県中小企業団体中央会通常総会が開催され、表彰式では中央会会長から当協同組合理事の山口等先生に組合功労者表彰が授与されました。

 

 

 

 

 

 

 

当組合員であります、大倉栄一郎先生がこの度めでたくご結婚されました。7月14日の挙式で、奥様の麻貴(まき)さんは福井県鯖江市のお方です。先生もこれからますますお仕事に力が入る事でしょう。組合員一同心よりお祝い申し上げます。

 


事務局からのお知らせ

 

● 施術者向け賠償責任保険の更新について
令和元年81日、標題の契約更新になります。現在の加入条件にご変更がございましたら、至急ご連絡をお願いいたします。

 

● ディスポ鍼廃棄用容器について

 

現在、組合では購買事業を通してご購入のディスポ鍼に限り、処分を申し受けておりますが、容器が一定しておられないため、業者から示されるボックスにロスが生じております。

 

500mlポリ容器でしたら、円形、4角形、6角形にかかわらず大変処理が便利です。(ガラス容器はご遠慮いただきたい所です。)できましたらご理解とご協力をお願い致します。

 

尚、これからは組合サービスの一環として、組合購買品でなくても、500mlポリ容器入り10本までは500円にて廃棄処分を申し受けることとなりました。個々に医療廃棄物処分契約を行っておられない場合は、どうぞご遠慮なくお申し付け下さい。

 

● ホームページリニューアル完成

 

 当組合では、この度ホームページのリニューアルを行いました。ご覧の上、ご提案・ご感想などお寄せいただけましたら、今後に役立たさせていただきます。「秋田県保険鍼灸マッサージ協同組合」で検索してみてください。 https://akihokyok5.jimdo.com/

 

 

編集後記  草取りに学ぶ

 

私の自宅前には竜馬橋(りゅうまばし)が架かっていて、通勤、通学、買い物といった人々や車が往来しています。あることがキッカケでこの橋の歩道と車道の草取りを始めました。というか始めてしまったと言う方が合っています。雑草魂という言葉がありますが、草の生きようとする勢いと、面倒くさいけど続けなければ、という人間の心の葛藤との戦いのようなものが繰り返される訳です。

 

草の成長は人間社会でいう課題と同じで、コツコツ処理していかないと後で大きくなり大変な事になります。処理した後のスッキリ感は何とも得難いものですが、またあとから新しい問題が立ち上がってくる。そんな草取りを通して自分の課題処理能力を反省する仕事も必要なんだと思うこの頃です。

 

暑い日が続いていますが、雑草の様にしたたかにこの夏を乗り切りましょう。  かねみ